読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅に出よう、まだ見ぬセカイを求めて

気の向くままに本の感想とイベント日記

《第一回》管理人が勧めるジャンル別ライトノベル〜恋愛・コメディ編〜

オススメラノベ 恋愛編 コメディ編

まとめ記事をいくつか見て感化されて個人的な主観ですがジャンル別におすすめのライトノベルを紹介したいと思います。ほとんどサイドバーに表示されているものの紹介となるかもしれませんがご容赦ください。なおナンバリングする予定なので今後も新シリーズ、完結シリーズどちらも書いていくと思います。ジャンルを一つに絞って書いた方がいいと思いますが、新シリーズも書きやすくするため思い浮かんだのを書いていこうとう思います。今回はすでに完結した作品を紹介していきたいと思います。

 

〜恋愛編〜 

──東雲侑子シリーズ── 著 森橋ビンゴ 全3巻

東雲侑子は短編小説をあいしている (ファミ通文庫)

まず、これは外せないと感じます。この作品はヒロイン、東雲が小説のために彼氏彼女のフリをお願いする部分から発展するのですが、幕間に挟まれる東雲の本心を読んでいるとすれ違いが多くすごくもどかしく感じました。全3巻構成。巻数は少ないので手を出しやすいと思いますので迷っていたら読んでみてください。

 

──青春離婚── 著 紅玉いづき 1巻完結

青春離婚 (星海社FICTIONS)

 東雲シリーズと似ていてこちらは教師にからかわれて二人が夫婦と周りから囃し立てられて始まります。そしてひょんなことから二人は協力して一つのアプリを作るため協力し合い、秘密を共有し、関係に疑問を持ち始め、そして少女は離婚を決意する。

二人が離婚した後がすごく気になる終わり方でした。短編3本、単巻で読みやすくオススメです。漫画版にその後の関係が読めるそうなのでコミック、小説セットで読むことを強くお勧めします(なお管理人は漫画を読めていませんw)

 

──ひとりで生きるもん! ~粋がるぼっちと高嶺の花~──

著 暁雪 全2巻

ひとりで生きるもん! ?粋がるぼっちと高嶺の花?<ひとりで生きるもん!> (MF文庫J)

ちょこっとエロい学園ラブコメディ。ボーイミーツガール。個人的にはこの本には恋愛ものに必要なものは大抵揃っていると思います。出会い、秘密の共有、別離、そして仲直りからの急接近。王道を征くラブコメだと思います。こちらは2巻構成。1巻で綺麗にまとまっていて2巻はその後の関係という感じ。しかし2巻の最後の方から締めにあたってニヤニヤパートが少ないと感じるため1巻の方が私は好きです。

 

このラインナンップを見た感じ、やっぱりヒロインとの共有の『秘密』というものが関わってきますね、恋愛ものにはこの手のファクターは必須と言ってもおかしくはないですけど。

 

〜コメディ編〜

──彼女(アイドル)はつっこまれるのが好き!── 

著 サイトーマサト 全10巻

彼女(アイドル)はつっこまれるのが好き! (電撃文庫)

 恋愛要素も強いですが、やっぱり村人君とまどかのラジオのやりとりが印象に残っているのでコメディ紹介で。先程書いていた通りラジオでのやりとりが秀逸でとても気に入ってます。こちらは先ほどと比べると全10巻と長いですが、その分コメディを長く楽しめるという風に感じましょう。恋愛要素も面白いのでニヤニヤした場面も多々登場しますのでそちらも楽しめます。

 

──生徒会の一存シリーズ──  著 葵せきな 全17巻

生徒会の一存―碧陽学園生徒会議事録〈1〉 (富士見ファンタジア文庫)

コメディと言ったらこれを読め!私の中では強く思います。ラノベを読むきっかけがこの作品から始まったのでその補正があるかもしれませんがオススメの作品です。パロディが多く含まれていているので、作品を知っているならではのニヤニヤできる場面等もあります。ナンバリングは「数字」+一文字の本編、日曜からの「曜日」ナンバリング、全17巻です。(杉崎が生徒会長になってからのシリーズがありますが名前が変わっているので一応省きます、(新生徒会シリーズ+祝日)

 

──這いよれ!ニャル子さん── 著 逢空万太 全12巻

這いよれ!ニャル子さん (GA文庫)

予想外の結末が読みたい、という方には読んでみることを是非お勧めします。毎回しょうもないものが伏線(褒め言葉)となっていて予想した展開とは違った結末を迎えます。自分の予想は2、3回当たったくらいだと思いますwそれに加え、パロディも多くコミカルに仕上がっているのでとても面白く気に入っています。こちらは12巻完結、映画も近々公開されるのでまだまだ燃えたりないぞという猛者は映画を見てはっちゃけましょう

\(・ω・\)SAN値!(/・ω・)/ピンチ!

 

今回はこんな感じで6作品紹介です。恋愛ものは巻数少なくてコメディものが巻数多くなっていたので上手くバランス取れていたかな?(取れてない)

この紹介量はまちまちだと思いますが今後も比較的に頻度多めで更新していきたいです。(最近サボってたから一気に書いたわけじゃないよ...ほんとだよ?)

画像がでかい気がするので近いうちに大きさの編集も入れるかもしれません...

本選びの参考になれば幸いです。

一応この中にある作品の過去記事を下に記載しておきます

 

5/18 画像の大きさ調整