旅に出よう、まだ見ぬセカイを求めて

気の向くままに本の感想とイベント日記

君に謝りたくて俺は

 

君に謝りたくて俺は (講談社ラノベ文庫)
 

 

小学生の頃にいじめていた少女明日葉と再会し、恋に落ちるお話。

 

設定が甘いかなと感じました。高校生という設定ですが言動がまだ子供っぽくて中学生という印象が強く感じました。自分の高校生活がこんな他人に興味を持ちながら生活していたかなーと比べるとちょっと違ってみたり。全体的に設定の作り込みといった部分が甘いような感じが多々ありました。小学生でいじめてたのになんでいきなり優しくするんだろうという部分が薄い面もありますし、あとSF要素もいるのかなと。個人的にバイキン言いたいがためにこの名前にしたのかなと思うととても気分が悪くなった。ただただ人間の悪い部分見せられるとちょっと無理です...

 

てな感じで私には合いませんでした、以上