旅に出よう、まだ見ぬセカイを求めて

気の向くままに本の感想とイベント日記

佐伯さんと、ひとつ屋根の下 1

 

 

不動産手違いで同じ家に住むことになった佐伯さんと弓月くんのお話。

 

カクヨムで連載されていた作品。佐伯さんがすごくぇろくて好意がまっすぐだったり小悪魔的な行動も盛りだくさんでとてもニヤニヤできた。また元カノの宝龍のキャラもいい具合に刺激をしてきてそれで悶えることもしばしば、とても楽しめた。他に思うところは弓月が普通のキャラだったらこうも上手くいかないんだろうなーと、真面目キャラだったからこういうふうなアプローチが成功したという印象。

 

最後にbad、惜しむらくは最初から好感度maxが気になったところでしょうか。その設定を盛り込むだけでもより佐伯さんについての心情についても知れるからあったほうがよかったんじゃないかと。あと読メでも書かれていたが同居の設定が雑だとか。まあ最初の一文からわかるので雑といえば雑ですがそういうものということと割り切っていたのでそこまで気にならなった印象。