旅に出よう、まだ見ぬセカイを求めて

気の向くままに本の感想とイベント日記

ブログの概要

上方に固定設置

2017 8/19 更新

艦これは義務でやるものではないと思い休止、面白い要素で賑わってれば今後いじると思います。イベントはだいたいコミケのみになっていくのではないかと、イベントの面白みが感じられなくなってきたので・・・

 

本の感想はどんな内容だったか読み返してわかるように書くスタイルの予定なのでネタバレが多く書いていくと思われます。あと自分の意見に正直に、理由もつけながら自分に合わなかった理由を書く予定。あと設定厨でいちいち細かい文句を言い、情報が多いと途端に読めなくなるバカですので感想が大衆と大きく違うこともありますのでご注意ください。

 

 

このブログの概要を書いていこうと思います。

このブログについてですが本の感想+イベントの雑記になります。

本の感想については個人的な感想を多く含み、批判的な内容も書いていくと思いますので、苦手な方は他のラノベ感想サイトを参考にしてください。

 

イベントについて同人誌即売会コミケ)や電撃、MFなどのイベントについてのイベレポを書こうと思っています。艦これのイベントについても愚痴愚痴書いていくと思いますので、よろしければお付き合いください。

 

崖っぷちから始める世界寿命の延ばしかた 3巻

 

 フィオが眠りについてしまい、英雄を語り弟子のウェズリーが突如出現した大樹に挑む第3巻

 

果たしてこの世界に救いが現れることがあるのだろうか、いやない(反語)てな具合にモブには厳しい世界だし主要キャラもピンチすぎてて読むのが辛い...

しかし今回一番見せ場のあったのは間違い無く表紙を飾っているソーニャ。実戦という場面でこそ見せ場はないが橋渡しとしては最高の動きであった。ここまでの覚悟を持って挑めるソーニャの担力、素晴らしかったのでいじられキャラだけじゃ無くもっと普通に見せ場用意してくれてもいいんですよ?

 

そして久しぶりのヒューイット登場。幻影とはいえ懐かしいほのぼのした雰囲気が読めたのでこの作品のコンセプトは違うと思うが、もっと日常的な話が読みたいので続きは要検討。救いのある話が読みたい......

幼馴染の山吹さん

 

幼馴染の山吹さん (電撃文庫)

幼馴染の山吹さん (電撃文庫)

 

世界一可愛い女の子とその幼馴染喜一郎のバカップル学園ラブコメ

 

バカップル全開の内容なミッションはどれも甘酸っぱい内容でした。ですが世界一可愛いとかそういうのありえんだろとかそういうのに忌避感ある人はあまり読み込みづらいかも、そういう言動は結構出て来るため。

なぜか自分の読みかた的に山吹さん/莉嘉、喜一郎/阿良々木、秋人/余市という配役で読んでみたら以外にキャラがハマってて読みやすかった(本来そう読むものではない)

全体的にイチャイチャ分は確保できていたが、いろんなキャラが出てきたり口絵で紹介ある割にはサブキャラの魅力があまり感じられないかなと感じました。でもヒロインは山吹さん一択なわけですから甘々な部分は申し分ないですがwでも妹との絡みはもっと欲しかったなあー......

 

 

以降ネタバレ

一つ、自分なりの見たかった場面的にはミッションを受ける立場は喜一郎な訳だったので記憶を失うのは喜一郎、しかし元の日常には戻りたくない山吹さんが今度はアタックしていく、、、そんな展開も見て見たかったなーなんて。あと続く、と題しそうな展開でしたので続刊が出ないかもしれないなかこの手の終わりかたは苦手。

最後にデートの帰り道のあの喜一郎の行動。あんなん誰でも惚れてまうやろ、今後の二人の仲がどう修復されていくのか期待

 

このラノ2018についていろいろ

 

このライトノベルがすごい! 2018

このライトノベルがすごい! 2018

 

 

今回は初の協力者としての参加させていただきましたー。協力者一覧の方に名を連ねてまあ嬉しかったと言うのが最初の印象。と言うことで投票した作品一覧

 

1位 美少女作家と目指す〜

twitterにて話題になっていたので読了。脳内選択肢の作者よろしく下ネタ全開で展開されている作品だが最後の展開で一気に引き込まれた作品。1巻からオーディオドラマでメディミックス展開しており力を入れている作品とも見える。

 

2位 始まりの魔法使い 

始まりの魔法使い 1 名前の時代 (富士見ファンタジア文庫)
 

人の一生を扱うなんてずるい、そんな言葉しかないwそんなことやられたらもう涙流すに決まっている。アイの名前についても最後回収してあって文字遊びのうまさが伺える。 

 

3位 ラノベのプロ

最近流行りのラノベ作家もの。これは珍しくほぼ仕事のことばっかで真面目な内容でとても良かったし、恋愛面でもニヤニヤが止まらず書かれていたので とても押している新作。BWで完結とかなってたが続き書くよね?望公太先生よろしくお願いします!!

 

4位 ぼくたちのリメイク

当時は1巻のみでの判断、クリエイターものとして熱いもの見せてくれた。様々な問題が立ちふさがるがそれをみんなの協力で乗り越えて行く、これぞ青春て言う感じでとてもいい感じ!でも3巻からの展開で一気にジャンルが変わったね 

 

5位 読者と主人公と二人のこれから

読者と主人公と二人のこれから (電撃文庫)

読者と主人公と二人のこれから (電撃文庫)

 

 これのみ単巻(?)・・・hitenさんのイラストに惹かれて読んでみたが読んで良かった。定番の学園恋愛ものだがニヤニヤできる箇所が割とありとてもよかった...と思う(感想を残していなかったので当時どう書いたのか覚えてねえ...)

 

 

以上、文庫から5作品。 単行本は読んでないのでカット!旅々だけ読んでたからそれに入れたよ、あずーるさんの絵もいいし内容も面白いからみんな読もうね!

 

魔女の旅々 (GAノベル)

魔女の旅々 (GAノベル)

 

 

てな感じでまとめ

初めての協力者という立場でしたがいつからか始めた新作縛りで今回も投票。投票し終わった後にソラゴトを読んでたのでもしかしたらここら辺は投票していたかもしれない。

今回のランキングは結構新作が上位に入り込んでいたが自分にとっては妥当なランキングかなーといった印象。しかしまあこれは燃料なので随所で燃える燃える。中身見ればわかるが協力者限定のアンケート結果もあるしHPの結果だけ見るとほぼ古参の人気投票になってしまうしそれで本当に君たち読者は満足なの?と問いただしたいとだけ記しておく。(一昨年自分で協力者のランキング作ってそれから去年は協力者のランキングが乗るようになったのが懐かしい......)

TOP50の作品で自分が触れていた作品は35/50。45とか触れている人がいて自分はまだまだだなともー認識させられました(投票層の半分は年25冊以下だから読んでる方ではあるんだけどね)

 

と言うことで長々と読んでる人はありがとう

 

あと個人的に自社出版ということで投票の範囲から対象外とされたこの作品。このまとめを読んでる人はおすすめなので是非読もう!多分後悔はしないはず、投票対象であったなら迷わず1位にしていた作品ですので!てな感じでこのラノ2018についてでした

 

ぼくたちのリメイク 3巻

 

ぼくたちのリメイク3 共通ルート終了のお知らせ (MF文庫J)

ぼくたちのリメイク3 共通ルート終了のお知らせ (MF文庫J)

 

まさしく 共通ルート終了のお知らせ、今回はゲーム制作巻

 

ということで貫之巻。前回の流れからゲームの仕事を手伝って金稼ぐんだろうなと思ったがまさかあの4人でのゲーム制作とはいい意味で裏切られた。しかし展開は進むにつれて雲行きも怪しくなってきたしナナコの攻勢は緩まないしと恋とクリエイター面でもとても面白かった。

もいっこ新キャラの貫之の自称許嫁を言い張るさゆりさんの登場。これも結構癖もあってライターにとっての最もやってはいけないことやっててもう貫之は精神ズタボロよねw

 

そして最後の挿絵からの展開、自分にとってこの作品の見方を変えるようなそんな展開でした。前から言ってる通り時間ものは苦手な傾向にある、友人からの一言の影響によってだ。もともと題名的にクリエイターがギャアギャア騒ぎながらのその成長過程を記したものがこの作品の売りになっていると思っていたのでこれからの展開でこれを繰り返し様々なエンディングを回収、と言うのはちょっと苦手かも。なんでもありになってしまうから

エロゲーはもともとそう言う展開で作られてるがそう言う認識がない、なんでだろうか?そのように判断してるからか?ラノベは1ルートしか楽しみたくないからだろうか?今後これ読んで行くことによって判明していければいいなー、という自分への問題提起

 

ぼくたちのリメイク 2巻

 

 今回は文化祭とともにナナコ巻。歌い手N@NAを形作る一因の話

 

必死になれない・・・頑張った結果がもし失敗してしまったら、今まで頑張ってきたのはなんのためと思ってしまうから、だから妥協をして自分に言い訳を作ってしまう,,,

ソラゴトの2巻でも同じような内容を扱っていましたがこう言う内容は心にくるものがある。頑張れないって人はそんなことを気にせずにまず突っ走って見ることが重要、結果が不安なんてこともあるがまず動いて見ないと状況はいつまで立っても変わらない、変わらなければ成長できない(いいこといった風)

 

新キャラのケーコさん登場。個人的にはかき乱す感じでいい味が出てきててとてもいい感じ、井口裕香ボイス安定ですねはい(個人的意見)

恋愛方面でも二人惚れちゃってるからどろっとしそうだしケーコさんのキャラはそこに繋げてくるのねというふうに3巻の展開も見えてきたしとても楽しみ(尚すでに読み終わっている)

放課後美術室・図書室

 

放課後美術室 (スターツ出版文庫)

放課後美術室 (スターツ出版文庫)

 

放課後シリーズの第一弾(?)美術室。甘酸っぱい恋愛模様で初で不器用な部分がたくさんありありと書かれていた。

 

近づきたいけど近づけない。そんな模様が描かれていてとてもよかった気がします。そしていざ離れていくとなんで来ないんだと気にかける部分とかめっちゃニヤニヤしながら楽しめました。

図書室読んでいたが2作目と書かれていたので慌てて美術室の方読んで見たがこちらには図書室で受賞と書かれていてわけわかめw繋がっている話ではないのでどっちから読むという問題はないと思うが個人的には図書室の方から読む方がいいと思う、理由は美術室の方が個人的に好きだったので。

 

 

放課後図書室 (スターツ出版文庫)

放課後図書室 (スターツ出版文庫)

 

 

ということで図書室の方の感想

こちらも舞台は高校という点だがいろんな点が気になったり。まず図書委員ってこのクラスしか担当しないの?週替わりとかで何週目とか行って物語進んでいくのかと思ってたが違ったようなので。あともう一個は私自身の個人的な問題だけど早瀬君のキャラ。高校性らしからぬ大人っぽいキャラで女性がそういううのはイメージ湧きやすいけど男がこれってなかなかにくるものがありましたね。手玉に取ってるけど話が進まない感じでイライラしたのかな?はっきりとこいつら好き同士だなって思ってしまうとどうしても楽しめないのよね、さっさとくっつけ!って思うので。

あと惜しむらくは絵だよね、そのエピソードがあれば知らぬ間に見ていて立場が逆転していたり、なーんてのも面白そうだなーと思いましたw

 

スターツ出版、割といい作品が多そうなのでこっちの作品も今後開拓できたらなーと感じたね