旅に出よう、まだ見ぬセカイを求めて

気の向くままに本の感想とイベント日記

ブログの概要

上方に固定設置

このブログの概要を書いていこうと思います。

このブログについてですが本の感想+イベントの雑記になります。

本の感想については個人的な感想を多く含み、批判的な内容も書いていくと思いますので、苦手な方は他のラノベ感想サイトを参考にしてください。

 

イベントについて同人誌即売会コミケ)や電撃、MFなどのイベントについてのイベレポを書こうと思っています。艦これのイベントについても愚痴愚痴書いていくと思いますので、よろしければお付き合いください。

 

デートアライブ 16+スピンオフ

現状整理の情報確認のため記事、情報記録の自己満足用

まずはスピンオフから

 

スピンオフ

内容としては狂三が隣界で何を行っているかという感じのスピンオフ。多分時系列は十香に名前を与えるという点から1巻前後?。10番目の領域、マルクトでのお話。

バトルロワイヤルで本編とは違った雰囲気。序盤狂三らしくなかったが後半で本領発揮してて満足。エンプティをかばったわけもわかりましたね。バトルロワイヤルだったのでキャラ多数いるがお亡くなりも多数...キャラデザ的に砺波が生き残って欲しかったから残念。みんなの乾燥を読んでいる感じ今後も続いていくそうで、今後もこんな感じだとどんどんキャラが増えそう同時に退場者が多そうかな?w

そして本編に関連して気になった情報が一つ、霊属の種類という点。

10まであり順に、光・情報・影・水・炎・封印・変化・風・音・物質

精霊の方もリンクしていることは見て取れるが十香の物質がどういうものなのかがよく分からない...この能力がどう関わってくるのか。まだ十香の能力が追加される可能性がアルー?てなことを思ったスピンオフでしたまる

 

本編、16巻

こちらは狂三巻、どちらがデレるかの勝負!そして恋愛においてはおなじみのバレンタインイベント。そして狂三の過去についても触れる巻。

原初の精霊が何を望むかまではわからなかったがなぜ精霊を作るのかまではわかってきましたね。崇宮澪という名、12巻で出てきた「みお」という言葉がここにつながった。そして崇宮という性、つまり士道の姉にあたってもおかしくないのかな?(憶測)あとDEM勢力にベルゼブブから生成された(贋作)精霊ニベルコル。特に制限らしい制限がないので紙にできるなんていうチート性能だが強すぎないかねこいつ?そして最後に明かされる村雨令音の真実。まあTLで0番目という文字を見てからはなるほどと思いそこまで関わってくるのに不思議ではなかったがまさかファントムだったとは...

ということで内容は狂三かわいい!お前がメインヒロインだ!!白下着もせこい。そして大人四糸乃の破壊力やばい、かわいすぎる。

物語の核心に迫りつつも恋愛パートもありとても満足の1冊でした。

 

豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい

カクヨムからの書籍化。

タイトルに惹かれて読んでみたのでWEB版は未読。

 

内容としてはダークヒーロー的な立ち位置で進んでいくのかなと思っていたのが、先の内容の知識を武器に最初からチートプレイをしていく物語といった大体そんな感じ。

今回は主人公の周り説明といった感じでヒロインの魅力とかは全然だったので続きに期待。内容としては面白かったのでここからどうヒロインを魅せていくかで作品が決まっていくと感じた。理由があってあのようになったということが分かったが、なぜ王女を選んだという理由が弱かったのでそこがもっと深く掘り下げられることになっていくのが鍵だろう。

そして自分の知識を活かしてチートという感じだが、神童という面で今後もねじ伏せることができるのか、また自分の知らない敵が出てきた時に簡単に強くなってしまうのか、そこが気になる点

全体的に今後に期待といった感じ。概ね満足だったが豚ネタはどうかと思う。そんなのやっても別に面白くないしその文の影響でヒロインの魅力を書けなかったとなっていたら、主人公の悪い部分のほうが強く印象づけられてしまうのであまり気持ちのいいものではない。早く主人公には痩せてもらいたいなー...

 

 

豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい (ファンタジア文庫)

豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい (ファンタジア文庫)

 

 

 

近すぎる彼らの、十七歳の遠い関係2

久しぶりの学園恋愛もの。

 普通の文を久しぶりに読んだ影響か些細な部分が気になり地の部分がよく読めなかった。それは文がほとんど終止形で終わっていた点。1巻を見直してみたらこっちでも終止形ばっかなので、ただのコンディションの問題だった可能性。1巻の時は特に気にならず物語の内容は良かったと記憶しているため。

 終止形ばっかりだと読みづらかった点はそれが日記のように思えて物語が進んでいるように思えなかったためである。主人公の感情も多様に含まれていたらそんな風に感じなかったと思ったがあとがきを見た感じそこら辺を意図的に書かれていたようでした。しかしその影響か情景描写が丁寧にされていたと思いました。今後は久遠さんの作品は要検討ですかね。

 

恋愛脳だからかもしも和泉が健一のこと好きだったらとか考えている辺りドロドロしたやつが好きなのかなと再認識...

 

 

 

 

2017年2月読書記録

2017年2月の読書メーター
読んだ本の数:12冊
読んだページ数:4337ページ
ナイス数:3ナイス

リンドウにさよならを (ファミ通文庫)リンドウにさよならを (ファミ通文庫)
読了日:2月6日 著者:三田千恵
尾木花詩希は褪せたセカイで心霊を視る (ダッシュエックス文庫)尾木花詩希は褪せたセカイで心霊を視る (ダッシュエックス文庫)
読了日:2月8日 著者:紺野アスタ
世界の終わりの世界録<アンコール>3 熾天の女神 (MF文庫J)世界の終わりの世界録<アンコール>3 熾天の女神 (MF文庫J)
読了日:2月10日 著者:細音啓
世界の終わりの世界録<アンコール>4 異端の覇王 (MF文庫J)世界の終わりの世界録<アンコール>4 異端の覇王 (MF文庫J)
読了日:2月11日 著者:細音啓
世界の終わりの世界録(アンコール) (5) 降魔の大皇 (MF文庫J)世界の終わりの世界録(アンコール) (5) 降魔の大皇 (MF文庫J)
読了日:2月16日 著者:細音啓
幸せ二世帯同居計画 ~妖精さんのお話~ (電撃文庫)幸せ二世帯同居計画 ~妖精さんのお話~ (電撃文庫)
読了日:2月18日 著者:五十嵐雄策
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 10 (GA文庫)ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 10 (GA文庫)
読了日:2月22日 著者:大森藤ノ
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか9 (GA文庫)ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか9 (GA文庫)
読了日:2月22日 著者:大森藤ノ
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか8 (GA文庫)ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか8 (GA文庫)
読了日:2月22日 著者:大森藤ノ
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか11 (GA文庫)ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか11 (GA文庫)
読了日:2月23日 著者:大森藤ノ
近すぎる彼らの、十七歳の遠い関係2 (ファミ通文庫)近すぎる彼らの、十七歳の遠い関係2 (ファミ通文庫)
読了日:2月27日 著者:久遠侑
豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい (ファンタジア文庫)豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい (ファンタジア文庫)
読了日:2月28日 著者:合田拍子

読書メーター

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているのだろうか

異端児《ゼノス》編を読み終わり眠気が吹き飛んだため、珍しくまとめ。

一時の気まぐれ

 

9巻《邂逅》

異端児《ゼノス》と呼ばれる知性を持った喋れる怪物たちとの遭遇、そのことについて書かれてあり基本ウィーネかわいいとかのほっこり話。知性を持っている怪物たちは果たして地上の人間と分かり合えるのか、という感じで溜めの巻。しかしその裏では知性のあるモンスターで商売しているファミリアが活動しており...

 

10巻《救出》

怪物を売りさばき、血の呪いに従って人造迷宮《クノッソス》を作り続けるディックスとの戦い。ウィーネたちが囚われてしまい助けようと人間に相対し、立ちはだかるイケロスファミリア、そして黒い雄牛...

犠牲を出しながらもなんとかイケロスファミリアから異端児達を守りきった巻。しかしリトルルーキーは手柄を独占もといウィーネを助けるため冒険者達に牙を剥く。ひと休息つく巻

 

11巻《再戦》

リトルルーキーの失墜。地上にでてしまった怪物達が再び迷宮に戻るため、ダイダロス通りにて人造迷宮を目指す戦い。べル達VSロキファミリア。ベル達は立ち上がる、自分たちは知っているから、自分たちと相違ない知性を持つモノを。己が運命をかけて少年は走る、守るモノのために。今までのメンバー総出演、そして再会──再戦。知性を持つ怪物との遭遇に戸惑うロキファミリア。英雄回帰のために動くヘルメス。様々な思惑が混じり合う異端児編最終巻。

 

 

 

とてもボリューミーな構成。分厚かったため後回しにしていたが一気読みにより読了。様々なキャラが出てくるためキャラのおさらいはしっかりして読みたい。何人か自分の記憶と合ってるか怪しい...

2冊目で少しお預け状態を食らったが3冊目はそれに満足できる鯖らしい内容だった。正直、ベルの失墜から最後のアステリオス戦の英雄回帰は吐気がするが、p433のアステリオスの再戦における次の戦いの約束は熱くならざるを得ない、ベル君のライバルはやっぱり君なんだね...

そして気になることとしてアイズとウィーネの邂逅。ウィーネに対して恐れていたことから過去の部分に関係していてそこに踏み込んだ話が今後本編で語られるのかな?

また人造迷宮の鍵が4つしか出てきてない(?)がその点でどう波乱があるか。1000年の系譜であるが鍵の再利用については数代まであるから鍵はまだ出てくると考えられる。

人造迷宮、異端児が今後またどのような火種になってくるのかそこが楽しみですね。次編は休憩かな?再戦に向けて色々と落ち着くので再戦の刻が待ち遠しい...

2017年1月読書記録

2017年1月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2701ページ
ナイス数:8ナイス

続きを読む