旅に出よう、まだ見ぬセカイを求めて

気の向くままに本の感想とイベント日記

ブログの概要

上方に固定設置

2017 8/19 更新

艦これは義務でやるものではないと思い休止、面白い要素で賑わってれば今後いじると思います。イベントはだいたいコミケのみになっていくのではないかと、イベントの面白みが感じられなくなってきたので・・・

 

本の感想はどんな内容だったか読み返してわかるように書くスタイルの予定なのでネタバレが多く書いていくと思われます。あと自分の意見に正直に、理由もつけながら自分に合わなかった理由を書く予定。あと設定厨でいちいち細かい文句を言い、情報が多いと途端に読めなくなるバカですので感想が大衆と大きく違うこともありますのでご注意ください。

 

 

このブログの概要を書いていこうと思います。

このブログについてですが本の感想+イベントの雑記になります。

本の感想については個人的な感想を多く含み、批判的な内容も書いていくと思いますので、苦手な方は他のラノベ感想サイトを参考にしてください。

 

イベントについて同人誌即売会コミケ)や電撃、MFなどのイベントについてのイベレポを書こうと思っています。艦これのイベントについても愚痴愚痴書いていくと思いますので、よろしければお付き合いください。

 

5月新刊 読書予定

月末近くなったのでそろそろ更新。
今回は完全にタイトルのフィーリングで決めているのでいざ読むときとなると手を出さない作品はでてきそう。君死にたもう流星群は文句なしで面白かったので続くことを切に願う。前々から感じていたがラブコメの波が来ているので是非ともこのシーズンのラブコメ作品には頑張って欲しいところ、まあ流行り廃りは順番があるけどね。
 
──一覧──
雪崎光は俺にラブコメを教えたい
ぱすてるぴんく
おいなりさんは恋をする
三角の距離は限りないゼロ
ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか?
このラブコメがすごい 堂々の3位
大人の赤ずきんは今夜食べられる
放課後は異世界喫茶でコーヒーを 3巻
14歳とイラストレーター 5巻
君死にたもう流星群

魔女の旅々 6巻

 

魔女の旅々 6 (GAノベル)

魔女の旅々 6 (GAノベル)

 

 幼女イレイナさんの出番はココですか?(はい、そうです)

 
第一章 競箒
タイトル通り。目標を無事達成できてよかった、イレイナさんのゲスさはいつも通り。ドロシーの笑顔とシェリーに対して見せたイレイナの笑顔を是非とも見比べたい。
 
第二章 盗人と母
読み始めた当初なぜかウェアウルフだと思ったが人間だった。子離れできない母親、実際にいたらそこはかとなくめんどくさそう。心配すぎる母親がいると逆にグレられないという子供の方がかわいそうw
 
第三章 誠実な政治家
最初流しで読んでしまってよくわかんなくなってしまった、女性ってミステリアスですね。
 
第四章 病と魔女とほうきの物語
病にかかるイレイナ、そしてほうきさん登場。もっとほうきさんの出番増えて!主人を思って甲斐甲斐しく世話してるほうきさん大好き!!
 
第五章 呪われた奴隷
体液が交わると相手を殺すという呪いを持った奴隷のお話。何かを伝えらればよかったがそれを伝えられなかっただけに切ない。
 
第六章 こども魔女のイレイナさん
怪しい薬を売る魔女さんのお話。今後もロリイレイナ出てくるんでしょうか、私気になります。またもや百合弟子が増えてしまうイレイナさん。
 
第七章 女心を知るためには
女の子誘えないインキュバスのお話。異性には憧れ持ちますがやはり女性はどす黒い部分がありますよね、人間の女然りイレイナ然りwなのでオチが笑いました。
 
第八章 アリアドネの七日間
イレイナさん学校に通う!時系列がちょっとごちゃっとしてて混乱したがもっと内容濃くても良いぐらいと思うぐらいよかった。同じ目標に向かって頑張っていたけど一人が離れてしまった時すごい悩んでしまうよね。
 
あとがきに書いてありましたがドラマCD、コミカライズと好調で割と最初から気に入ってた作品なので嬉しい!3巻の時は不安で仕方がなかったですがこの調子ならアニメ化も待ったなしなので非常に楽しみ。目次のところのロレイナも超かわいい(ロリコン)あと願わくばリリエールのキャラもしくは続刊も出てきてほしいな、なんてね

ようこそ実力至上主義の教室へ

何か新しいシリーズを読もうと思っていたらそういえばよう実読んでなかったと思い読了。
舞台は政府によって管理された高等学校。そこは希望する進学、就職先にほぼ100%行けると有名な学校であったがそこは実力至上主義の学校であった。
 
エロゲで有名のお二人でしたが触れたことありませんでした。初の作品でしたがスラスラ読めて面白かったです。それぞれキャラも活きていたのでクラスで団結も関係してくるし時期にクラス全員の名簿とかも見てみたい。今回は中間試験、「なんでも買える」ってところからあの発想はびっくりしたが面白くて好き。伏線を仕込み土台はちゃん整えてきてるし今後の展開が非常に楽しみ。
 
あと少し気になったのは、綾小路。本気を出さない綾小路は某作品のあのセリフがずっとリフレインしてた「隠してたりしないで全力で取り組む人の方がかっこいいよ!」果たしてこの主人公の過去に何があったのか、私気になります!

冴えない彼女の育て方 Memorial

特典小説もりもりで最後…...かも知れない冴えかの小説
裏話だったり、特典小説は安定のメタネタのオンパレードだったり、深崎先生と丸戸さんのそれぞれのインタビューだったり、少しの書き下ろしだったり
 
特典小説はメタネタのオンパレードだったが、これこそ冴えかのって感じですらすら読めたし懐かしさに溢れていた。
インタビューでは、深崎さんと丸戸さんの繋がりがなぜできたのかも載っていて、丸戸さんのゲームをやっていない影響で話についていけなかったので近いうちにプレイしていきたい。
最後に今後の展望について触れていたが、書き方的に何かあると期待しているので、劇場版冴えかのが楽しみ。総集編じゃないので期待していいですって!(その分原作との整合性でとても大変らしいですがw)

美少女作家と目指すミリオンセラアアアアアアアアッ!! 3

 
今回は作家物あるあると言い難い覆面作家ならではの出来事で中の人がわかってしまうお話。
 
今回は作家のことはあまりフューチャーされておらずゴシップとかスキャンダル系。もともと作家物として楽しんでいた節があったので今回はそこの話が弱かったので残念。
あとがきで売上も厳しいと書いてあり、オーディオドラマとかで力を入れたからそこそこ期待されて売り出したんじゃないかと思ったが違うのかな?3巻のネタも一区切りつきやすいようにぶっこんで来たように思いました。打ち切り用だったのでは、なんてね。まあ1巻から宣伝して支えられないようじゃラノベの世界もそろそろ本格的にやばいとは思いますけどね。
 
 
 
ということで今後は読まないかな。ギャグが2巻の時にも思っていたがついていけなかったのでもう読めない。あと生放送でとりあえず草を生やせばいいという思考が腹たつ。あと50超えたJKは無理あるわ。書いてる作者はすごい楽しいんだろうなと感じるが……でもね

タタの魔法使い

 

タタの魔法使い (電撃文庫)

タタの魔法使い (電撃文庫)

 

 

ドキュメンタリー方式で序盤にあるネタバレのオンパレードで66ページで撤退です。
 
 
 
自分がエピソード記憶の人だったので毎回毎回この人が需要人物だったと言われて先の展開がわかってしまい読まなくてもいいかなと判断した。物語進めていって間章でその今までの物語の解説って言った方が読みやすかったかも知れない。
こう考えると考える時間を与えてしまう書籍だとドキュメンタリーみたいな構成は難しい気がした。映像だと簡単に印象付けることが可能だが、文字だと記述があるかどうかで判断するからね、そして残りの人どうなったとか思ってしまう。