読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅に出よう、まだ見ぬセカイを求めて

気の向くままに本の感想とイベント日記

黒崎麻由の瞳に映る美しい世界

ラノベ ファミ通文庫
黒崎麻由の瞳に映る美しい世界 (ファミ通文庫)

黒崎麻由の瞳に映る美しい世界 (ファミ通文庫)

 

いつもクラスで静止状態で座り過ごしていた黒崎麻由は文化祭の準備の中、ささいな会話のきっかけで仕事を手伝い始めどんどんクラスに接するようになり──

 

普通よりちょっと良い感じかな。

まず最初に感じたことは絵のタッチからしてNardackさんのような雰囲気でしたので東雲シリーズみたいな感じなのかなと思っていました。

主人公と麻由のぎこちないやり取り、そこからどんどん心を開いていく様子はとてもよかったです。しかし最後のノギハラの部分は割とあっさりしすぎかなーとちょっと思いました。

 

勝手にMOSO ※ネタバレあり

幽霊が黒崎を殺そうとするのは嘘で自分のような幽霊に固執するのは良くないって...そしたら誰も悪者がいない、都合のいい展開が来るのかな思ってました。自分を麻由に重ねていたようなので自分に付き合っていたらいつまでもいいことはない、そんな一歩を踏み出させるような・・・(まず幽霊にそこまで依存してないからoutかw)