読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅に出よう、まだ見ぬセカイを求めて

気の向くままに本の感想とイベント日記

艦隊これくしょん -艦これ- 陽炎、抜錨します!5

 ──あらすじ──

キス島沖の敵艦隊を排除するため、陽炎たち第十四駆逐隊は北方の幌筵泊地に集結することに。極寒の海域で出撃を待つ彼女たちだったが、攻略艦隊の中心は戦艦や重巡洋艦で、なかなか機会が回ってこない。そんな中、軽巡洋艦の阿武隈や木曾、潜水艦のまるゆと交歓を深めていく第十四駆逐隊の面々は、まるゆにリンガで出会ったあきつ丸の面影を見る。しかし、そのまるゆが任務中に行方不明になってしまい―。燃える駆逐艦魂を描くシリーズ第5巻登場!

 

今回はキス島沖!ゲームでは第二の関門+楽園と呼ばれている海域です。ゲームとは違い一から攻略なので提督の試行錯誤がよく見られる巻となっていますね。

前巻は過去編で駆逐艦について詳しく書かれていましたが、今回は軽巡洋艦の気持ちが強く現れていると思います。キス島ということで駆逐艦が活躍する場面ということもあり、接点が近い軽巡洋艦はどういう立ち位置なのか改めて確認できました。そして阿武隈がかっこよすぎた...まるゆをかばうシーンはほんと良かったです。その後の部分も思わず泣いてしまいました。

駆逐艦が集合してバラバラになってしまうような噂が流れていましたがどう転ぶか...残り2巻という宣言がありましたので残りの2巻で展開するかとても楽しみです。