読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅に出よう、まだ見ぬセカイを求めて

気の向くままに本の感想とイベント日記

絶対ナル孤独者 ―咀嚼者 The Biter―

ーあらすじー

二〇一九年八月。地球上の、いくつかの都市部に、人類が初めて接触する地球外有機生命体が複数落下した。のちに“サードアイ”と呼ばれるその球体は、接触した人間たちに、現代科学では解明できない“力”を与えた。ある者には、音さえ追い越す“速さ”を。ある者には、鋼さえ断ち切る“刃”を。そしてある者には、万物を噛み千切る“歯”を。十七歳の少年、空木ミノルもその中の一人だった。彼がただ一つ望み、そして得た能力。それは“孤独”。絶対的な孤独を実現するその“力”は、しかしミノルを望まぬ戦いに巻き込んでいく。平凡だが平穏な義姉との暮らし。そのひとときが壊されるとき、ミノルは絶対なる“孤独者”として覚醒する―!

 

異能力学園バトルもの

あとがきに書いてある通り元はネットに上げられていた小説である。

最初から回想で始まっておりキャラについて掴みにくいところがあるかもしれない。

友人ができて一度はそのことについて記憶は失ってしまうが、再会の約束もしていたので学校でのミノルがこの能力で得た関係で今後学校生活がどう変わっていくかは楽しみである。

 

バイターは過去の傷である歯に関する噛む力が与えられていたが、ミノルの願いは誰の記憶からも残りたくないという望みであったが、自分と世界を完全に遮断する能力と見えるのでこの願いには疑問が生じたかな。孤独を求めるために自分の世界を形成してる場合は姿も見えず記憶も消えている可能性も高いように感じるので。